江東区・文京区・台東区 科学体験教室(幼児・小学生対象)
サイエンスアカデミア

サイエンスアカデミア 実験日記

2018/01/27

【茗荷谷校】1月27日(土) 年中実験

本日は文京区茗荷谷校で年中さんの実験を行いました!

年中実験では、まず力の実験を行いました。

逆さまにしてもこぼれないコップびっくりでしたね!

次の実験は
砂、石、岩の実験でした。
砂ってなにでできているんでしょうか?(*’▽’)
今日は砂がなにでできているのかを調べて行きました!
まず砂の観察です。ルーペを使って、よーく砂を見ると、
いろんな色の粒があることに気づきました!
つぎは砂利を観察します。砂利は砂よりも大きく、
黒と白のまだら柄や、丸いツルツルの石、
大きさも色も触り心地もバラバラの砂利が混ざっていました。
次に大きな岩石を見ます。
岩石標本で安山岩や花崗岩、閃緑岩など
様々な種類の岩を観察しました。
今日石や砂を観察した結果から、
砂がなにでできているのかを考えます。
みんなで考えた結果、砂は砂利がもっと細かくなったもの、
砂利は石が細かくなったもの、石は大きな岩が細かくなったものであるという考えが出て来ました
大正解ですね!
最後に、ダイラタンシーという現象を
片栗粉を使って体験しました。
ギュッと握ると固まって、手をほどくと液体に戻ります。不思議ですね。
今日の参加者2人は今日が初めての実験でした!
2人とも一生懸命お話を聞いてくれました!
これからも一緒に頑張りましょう!(^^♪