江東区・文京区・台東区 科学体験教室(幼児・小学生対象)
サイエンスアカデミア

サイエンスアカデミア 実験日記

2019/02/24

【清澄白河校】2月23日(土) サイエンスα2

こんにちは。日差しが暖かくなってきましたね!

今回は清澄白河校でのサイエンスα2の様子をご紹介します。

水を吸ったり、出したりするものについて実験を行いました。

水をたくさん吸うものといえば、おむつ!

赤ちゃん用おむつに水を注いでみると、600mlくらいまで耐えることができ、

子どもも私もずっしりと重くなったおむつにびっくりしてしまいました(゚Д゚)!

これは、ポリアクリル酸ナトリウムというプラスチックから作られているためです。

写真は、保冷剤の中身に水をかけた時の様子。これも同じ物質からできているんです。

少しずつ水を吸い込みます。

 

 

しかし、これに食塩を投入すると・・・

次第にさらさらの液体になっていきます。よく見ると、食塩の塊の周りから泡のようなものが出ていました!

ポリアクリル酸ナトリウム、吸水ポリマーとも呼ばれていますが、不思議ですね(~o~)

次回もお楽しみに😄